そらのほとりの標高は184m。盆地地形のため、お天気の良いときは放射冷却で朝晩は冷え込みますがその分、澄みきった満天の星空となります♪。寒気が入った場合も雪は舞っても積雪となることはほとんどありません。どうぞアプローチの道路状況を確認の上お越し下さい。
(北九州方面からは、別府湾からの霧が冬季は雪となり、速水IC⇔日出JCT間が通行止めや滑り止め必要となる場合がありますので下道利用や滑り止め持参をおすすめします。)

ご利用に際しましては、どうぞ、マスクの着用、三密の回避など自律的な感染対策を意識した上でお過ごしください。

 

《県外からの予約受付について》

2022年1月14日におきまして、蔓延防止等重点措置の対象地域に指定された「沖縄県・山口県・広島県」からの新規ご予約は、行政指導によりしばらくの間制限させていただくこととなりました。
期間/2022年1月15日〜1月31日のご利用をご遠慮願います。

 

≪NEWS≫

【期間限定】フリーサイトのご利用条件がお得に!!
2022年1月11日~2月28日のご利用日限定
フリーサイトのチェックイン14:00→12:00 / チェックアウト11:00→15:00に、大幅拡大いたします! 最大28時間の滞在が可能となります。
アーリーチェックイン・レイトチェックアウトのオプション料金はかかりません。
上記期間中は、キャンセル料がかかりません! ご予約後のキャンセルはお電話でお知らせいただければオーケーです。

『冬キャンプ体験キャンペーン』のご紹介ページOpenしました。

期間限定『初めての冬キャンプ♪応援プラン』ご用意しました!各日程2組限定

暖房器具レンタル(電気ストーブ、電気カーペット)始めました♪

12月、1月のイベント案内を更新しました。

自転車の無料モニターツアー実施中!
テーマ:「初冬の宇目の世界にふれる旅 ~自転車に乗って~」
毎週末に実施中。
・土曜日 15時~
・日曜日 10時~、11時~
各1時間程度で実施予定。ご要望に合わせてコースデザイン致します。
チェックアウト後の参加も可能です。当日受付にてご予約ください。
※そらのほとりを起点としたサイクルコース設定事業のため、キャンプ場利用者の方を対象に自転車モニターツアーを実施しています。野外学校FOSのスタッフがガイドさせていただきます。
身長130cmのお子様からご参加できます。(身長130㎝未満のお子さまには、ミニバイクでキャンプ場内周遊コースをガイドいたします。)

 

【冬季のケビン運用について】(2021年12月1日~2022年3月20日のご宿泊まで)

・冬季は10棟のみの運用と致します。

ペットケビンは「アカマツ」一棟に限り週末、休前日のみ運用いたします。

・ブナ・ヒメシャラはワーケーション対応も兼ねた棟として準備中のため、もうしばらくお待ちください。

・冬季は、ガスファンヒーターの暖房費1,000円が料金に含まれております。
(ガス暖房はスイッチを入れるとすぐ温風が出て暖まります。エアコンの送風と併用するとお部屋全体が温まります。(エアコンはコインタイマー式のため別途有料)

冬の凛とした”そらのほとり”でみなさまのお越しをお待ちしています♫

2021年12月6日

________________________________

 

2022年1月2日 新年のそらのほとり

ショートムービー

 

過去の「今日のそらのほとり」はこちら

 

【公開!!】そらのほとりの自然体験イベント「こども自転車」

ショートムービー

 

 

↓↓↓↓自然体験プログラム2021夏↓↓↓↓

 

写真は藤河内渓谷の様子です

水と緑と青

私たちの生きる地球は、かけがえのないいのちの場

そこに生まれる自然とひとの共振は無限

キャンプは日常を超えた暮らし
自然体験は自然のエッセンスにふれる旅

さあ、いま、ここに生まれるワンダーへ 

Brand Name History

2020年4月より、野外学校 Feel Our Soul が
うめキャンプ村の運営を始めました。

郷里、佐伯市宇目は山々に囲まれながらも空がひろく、ヒマラヤで
観じてきた宇宙とつながる体験ができる場所です。
ここでのキャンプを通して、ひとりひとりの方に

それぞれの「そら」を観じていただけたらとの願いを込めて
Brand Nameを”そらのほとり”としました。
日常の意識をそっと置いて、ここでのひとときをお楽しみください。

FOS×そらのほとり 代表 Masafumi TODAKA