野外学校 F.O.S 2020 秋 ファミリーキャンプ 2020年 11月13日〜15日

本イベントは、受付を終了いたしました。
たくさんのご応募をいただき、ありがとうございます。

空をあおぎ、星や月の輝きに見入る。 風を受け、鳥の歌を聴き、雨に備え、木々のいのちにふれる。 それはいま、ここに生きてあることの実感であり、 自他の「いのち」への共感が生まれる瞬間。 そこから自ずと、「自然の仕組みとの調和」がはじまります。 ベースとなるうめキャンプ村は自然と里を結ぶ中間にあり、 小さなお子さんやキャンプが初めての方など、 どなたでも安心してキャンプを楽しむことができます。 また活動予定の宇目地域は2017年に登録された 祖母・傾・大崩ユネスコエコパークに含まれ、 そこには花崗岩の岩盤に長い年月をかけて刻まれた 藤河内渓谷があります。 一枚岩の岩肌を滔々と流れる清らかな水。 そして、渓谷の奥には77mの高さから優しく飛沫を落とす観音滝。 また、山域の入り口には、標高1,600m級の山々と向き合い、 古から自然のエッセンスにふれる場として 大切にされてきた鷹鳥屋山(639m)が座し、山頂近くの森に立つ 鷹鳥屋神社ではいまも生き生きと神楽が舞われています。

 

◇ 活動の流れ
3日間のキャンプは金曜の夜、キャンプ場に集合するところから始まります。
<1日目>
センターハウスで受付を済ませ、芝生広場へ。キャンプは午後8時にスタート! オープニングを終えたらまずはテントの設営。下準備をしていますので、最終工程の 立ち上げをしてテント完成。さらに装備、個装も入れて3日間の我が家を仕上げま しょう。お家ができたらひと安心。その後は講習を交えて焚火ナイトへ。どうぞ、 温かい炎を囲んで寛いでください。
<2日目>
早朝のやさしいヨガ体操で身体を整えた後、ホットサンドイッチクッカーでの朝食。 9時半から選択プログラムが始まります。花崗岩の渓谷を冒険的に歩むチャレンジ プログラムや渓谷沿いの遊歩道を歩きながら渓谷の美しさにふれるコース、小さな お子様にはキャンプ場内で遊びながらピザ釜でピザづくり体験の3つのコースから お選び下さい。(藤河内渓谷からの帰路、ゆ〜とぴあでの入浴も可能です)帰着後 しばらくはフリータイム!芝生広場では、薪割体験、ジャンベワークショップの他、 スラックラインやブランコ、ハンモックなど設置しています。15時、近くの神楽殿で 宇目神楽を鑑賞。脈々と受け継がれてきた若者たちの渾身の舞をぜひ、ご覧下さい。 キャンプ場に戻り、佐伯の山幸・海幸とキャンプの神髄にふれるラストナイトへ! 音楽セッション、キャンプファイヤーも交えて存分に味わい楽しみましょう。
<3日目>
朝食後、鷹鳥屋山へ。太古から変わらぬ自然とひとのつながりの物語を 体感していただけたら。山頂でおにぎりをいただき、キャンプ場へ帰着。3日間を過ごしたキャンプ場やキャンプを支えてくれた道具や装備に感謝を込めて 丁寧に片付けを進めましょう。撤収を終えてクロージング。お昼過ぎに解散予定です。

 

 

 


2020年 11月13日(金)〜15日(日)
◇ 日程と大まかな内容
1日目 <11月13日(金)>
   19:30 受付開始(センターハウス)
   20:00 オープニング(芝生広場)
      テントの設営(最終工程のみ)&装備のレクチャー
   21:00 焚火ナイト(講習を交えて)
      焚火を囲んでゆっくりとお過ごし下さい。
   22:00 クワイエットタイム
2日目 <11月14日(土)>
   7:00 やさしいヨガ(希望者のみ)
   7:30 朝食タイム(ホットサンドイッチクッカーで) ※サイズ合せ
   9:30 選択プログラム(昼食はお弁当、ユートピアで入浴可)
   13:30 そらのほとり帰着
      フリータイム(薪割り、ジャンベ、スラックライン等)
   15:00 宇目神楽鑑賞(40分)
   17:00 夕食タイム(佐伯の山幸・海幸SPメニュー)
      キャンプファイヤー&ラストナイトへ!
   22:00 クワイエットタイム
      戸髙雅史のスライドトークライブ『ヒマラヤ&エコパークの世界にふれて』
3日目 <11月15日(日)>
   7:00 鷹鳥屋山へ(希望者のみ)山頂にておにぎり( 9時キャンプ場帰着)
   9:30 片付け・撤収(テントの撤収をメインに)
   11:30 クロージング
   12:30 解散

◇ 集合場所:うめキャンプ村・そらのほとり
◇ 集合日時:11月13日 19:50(夕食を済ませてお越しください)
◇ 解散日時:11月15日 12:30
◇ 対象:ファミリー(先着20組程)
◇ 参加費:大人 8,000円、小学生以下 6,000円、3歳未満 3,000円( 1組 5名まで)
(含まれるもの)
・食材費 4 回分( 2日目朝食〜 3日目朝食まで)
・キャンプ場利用料
・保険代
・コールマン社の装備一式のレンタル料
・藤河内渓谷での冒険プログラムの装備レンタル代など
(含まれないもの)
・集合地までの交通費
・キャンプ場でのシャワー代や藤河内温泉での入浴代など
◇  持ち物:11月中旬に快適に過ごせる服装上下(宇目は寒いです)、防寒着、手袋(軍手も可)、日除け帽子、雨具、傘、着替え、ヘッドランプ、トレッキングシューズ(普通のシューズでも大丈夫です)、行動食(1日分)、保温ポットや飲み物、洗面具。
※調味料及び嗜好品は各自で準備
キャンプ必要装備は、コールマン社及び野外学校FOSより支給(レンタル料込み)
☆ 2ルームテント5人用(テント用マット含む)、マット、寝袋、2バーナーコンロ(ガスカートリッジ含む)、コンロスタンド、テーブル、2ウェイチェア(人数分)、電池ランタン(電池含む)、クーラーボックス、焚火台、食器セット、鍋セット、カトラリーセット、クッキングツールセット、調理器具セット(まな板、包丁、ボール、ざる、菜箸)、洗剤セット(洗剤、スポンジ、ふきん、台拭き、ごみ袋)他、藤河内渓谷チャレンジプログラム参加者にはヘルメット、沢シューズ(22cm以上)

 


キャンセルについて:
14日前(10月31迄にご入金がない場合
    キャンセル扱いとさせていただきます
7日前(11月717時迄のご連絡
    参加費の30%をキャンセル料として引いた差額のご返金
3日前(111017時までのご連絡)
    参加費の50%をキャンセル料として引いた差額のご返金

当日(1113日)
     参加費用の全額をキャンセル料としていただきます

発熱や風邪の症状など体調不良の場合はお気軽にご相談下さい。

 


 

お問合せ:そらのほとり(うめキャンプ村)
電話 0972-54-3088
メール   umecamp2020@gmail.com

 


 

お申込みフォームより
必要事項をご明記の上、ご応募ください。

※参加申し込みは定員に達しております。
ただいまのお申し込みは、キャンセル待ちとなります。
キャンセルがありましたら、順次ご連絡させていただきます。


新型コロナウイルス感染症対策として、 キャンプ場内ではそらのほとり策定の、新型コロナウイルス感染予防ガイドラインに従ってください。
主催
一般社団法人 佐伯市観光協会
協力
佐伯市/コールマン ジャパン(株)
運営
アルパインスクール&ガイドMASA(野外学校Feel Our Soul)
https://masa-fos.com/