流れ星を見よう!! ペルセウス流星群をそらのほとりで

ペルセウス流星群は、毎年お盆の頃に見ることのできる三大流星群のひとつです。

今年は8月12日の22時頃にピークを迎え、
13日午前0時過ぎに月が昇ってくるまでが見頃だそうです。
晴れていれば1時間に20個以上の流れ星を見ることができるかも!

流れ星は輻射点と呼ばれる位置から放射線状に流れるのが特徴で、
輻射点は20時頃に北極星の方角の水平線上に昇ってきます。
ただし、輻射点に近い流星は短く、遠くなるほど軌道は長くなります。

そらのほとりは、ライトも少なく絶好の観察スポット!
芝生にシートを敷いて、横になってぼんやり空を眺めていれば、
視界のどこかに流れ星が見えるはず。

8月12日、オートサイトにはまだ余裕がありますよ~。
ぜひ、このチャンスにキャンプはいかがですか?

国立天文台 8月の星空情報

https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2020/08-topics02.html

IMG_2309

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。