広瀬県知事、そらのほとりへ

大分県が定期的に開催している
県知事と県民とのふれあいトークに、
そらのほとりを選んでいただき、
本日、お越しいただきました。

知事としては、
大分県の中でも遠隔地に重点を置いているそうで、
宮崎県との県境に位置する宇目にも
目をかけていただいているとのことでした。

そらのほとり代表の戸髙雅史との会話を中心に、
スタッフ2名も同席させていただきました。

お話しの内容は、
野外学校Feel Our Soulが、そらのほとりを運営するに至った思い。
キャンプ場利用者の現状。
ユネスコエコパークとして登録されている宇目の
豊かな自然と地域性について。
さらには登山家として活動する戸髙が、
K2無酸素登頂した際に感じたことなどなど。

50分に渡り、じっくりと耳を傾けていただきました。

直接対話いただき、宇目の現状を知っていただく
良い機会をいただくことができたと思います。

当日まで調整いただいた
大分県企画振興部広報公聴課と
南部振興局地域創生部の方々に感謝です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。